忍者ブログ
 黒き心を無くして、丹き心を以ちて、清潔く斎慎み、左の物を右に移さず、右の物を左に移さずして、左を左とし、右を右とし、左に帰り右に廻る事も万事違ふ事なくして、太神に仕へ奉れ。  元を元とし、本を本とする故なり。
06月≪ 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  ≫08月
Home | Admin | Write | Comment


「心の宅急便」
毎週火曜日、お昼の12時45分から出演しています^^;


岡崎天満宮 | Facebookページも宣伝

  1. トップページ ≫ 
  2.  ≫ [PR]
  3. つれづれ
  4.  ≫ 右と左
| | *
| 4 | *
Comment
無題
by ロプロス | 平成18年平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年平成29年平成30年平成31年平成32年08月10日(木)16:31:22 | EDIT
脳って不思議ですよね!

ちなみに霊的な部分っていうのはどっちの脳に関係するのでしょう?
by 一文字 | 平成18年平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年平成29年平成30年平成31年平成32年08月10日(木)21:24:01 | EDIT
>>ロプロスさま。
う~ん。どっちでしょう?
感覚的な物だから右脳でしょうか?

欧米人が、右脳で感じるモノを左脳で理解するのが日本人の特徴だとしたら、我々は左脳で神さまを感じているのでしょうか?

いや、両方かな?
右脳だけでなく、情緒を感じることが出来る左脳もあわせて使って・・・

どこかに簡単に調べられるグッズないかな?
肩こるね
by 田口のおじさん | 平成18年平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年平成29年平成30年平成31年平成32年08月10日(木)21:49:32 | EDIT
難しいね。右脳だとか左脳だとか。本当のところはよく分かってないのではないかね。
私は最近、生物は脳で考えるのでなく個々の細胞が感じ判断していることの方が多いと思っています。擬態とか植物の成長とか見るとね。蛸の変身、アマガエルの変身など、脳ではなく皮膚の細胞が感じ、判断する。これこそ大切なことではないでしょうか。その感じる力を最近の人間は失ってしまったのかな?
コメントありがとうございます
by 一文字 | 平成18年平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年平成29年平成30年平成31年平成32年08月10日(木)22:49:51 | EDIT
>>田口のおじさん
先日はトウモロコシごちそうさまでした。
今日も美味しくいただいてます。
もしかして、お墓の草取りもしていただきました?
無題
by 長閑斎 | 平成18年平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年平成29年平成30年平成31年平成32年08月11日(金)10:46:52 | EDIT
参上するのが遅れました。
まずはブログ開設おめでとうございます。

愛知の若手の間で段々ブログの輪が広がって、嬉しく思っております。

ちょくちょくよせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
Re:無題
by 一文字 | 平成18年平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年平成29年平成30年平成31年平成32年08月11日(金)11:37
長閑斎さま。
コメントありがとうございます。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
無題
by 安副 | 平成18年平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年平成29年平成30年平成31年平成32年08月11日(金)13:55:26 | EDIT
やはり感謝、ありがとうの気持ちが薄らいでいる事が
自己中になり自分さえよければの方向に向かっているような・・・
昨日も老人ホームに赴きましたが、利益追求でなく
入所者に喜んでいただける環境を、これが福祉
ボランティアと思いますが・・・・
▽▼コメントは下記フォームからお願いします。▼▽
              
Name
Title
Adress
URL
Comment
Color
Simbol Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret 管理人のみ閲覧できます
Password   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
Trackback
この記事にトラックバックする:
<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 左左右右 --  All Rights Reserved
忍者ブログ  /  [PR]