忍者ブログ
 黒き心を無くして、丹き心を以ちて、清潔く斎慎み、左の物を右に移さず、右の物を左に移さずして、左を左とし、右を右とし、左に帰り右に廻る事も万事違ふ事なくして、太神に仕へ奉れ。  元を元とし、本を本とする故なり。
11月≪ 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  ≫01月
Home | Admin | Write | Comment


「心の宅急便」
毎週火曜日、お昼の12時45分から出演しています^^;


岡崎天満宮 | Facebookページも宣伝

  1. トップページ ≫ 
  2.  ≫ [PR]
  3. [神社神道の豆知識]人生儀礼
  4.  ≫ 厄年の由来 その6
| | *
Comment
う~む
by 満月 | 平成18年平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年平成29年平成30年平成31年平成32年02月12日(木)13:01:31 | EDIT
なるほど、おもしろいです。

室町期に武家の行事として確定したのかなぁ。
『徳川実記』なんかにも記録がありそうな感じがしますね。

時代と地域にもよると思いますが
尊星王供の「厄災」の考え方もありますねぇ・・・。

読んでいて昔、
「星祭り」と「節分祭」の意味について相談を受けた事を思い出しました。
Re:う~む
by 一文字 | 平成18年平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年平成29年平成30年平成31年平成32年02月14日(木)14:10
満月さま。
公家から武家へそして庶民へ・・・という流れは想像に難くないですよね。
「星祭り」関連もあたってみましょうか・・・^^;
素晴らしい・・・
by 木霊 | 平成18年平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年平成29年平成30年平成31年平成32年02月13日(金)16:41:09 | EDIT
なんか、論文にできそうな内容になってきましたね。『研究ノート』として、どこかに掲載しませんか??
Re:素晴らしい・・・
by 一文字 | 平成18年平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年平成29年平成30年平成31年平成32年02月14日(金)14:47
木霊さま。
いやいや。そこまで詰めていませんので^^;
あくまでもブログの記事です^^;
▽▼コメントは下記フォームからお願いします。▼▽
              
Name
Title
Adress
URL
Comment
Color
Simbol Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret 管理人のみ閲覧できます
Password   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
Trackback
この記事にトラックバックする:
<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 左左右右 --  All Rights Reserved
忍者ブログ  /  [PR]